特設ページ

ホーム

製造工程


■「スターリミルク」 独自の技術って?...

  26種類の悪玉細菌を無害化し乳牛に与えます。
 すると乳牛の体内では、これら細菌に対抗し健康を維持しようとして、ミルクグロブリン等の成分が作り出されます。
 実は、これらの成分は、高温加熱や激しい撹拌をすると壊れやすい成分で、市販されている多くの牛乳には殆ど含まれていないものなのです。

 これらは、ニュージーランドの大自然の中で健康に育った乳牛だけを選び、生産されています。さらに、ミルクに含まれるミルクグロブリンや栄養成分が壊れないような製法によって、濃縮・乾燥され、スキムミルクパウダー(脱脂粉乳)に加工されています。

 脱脂粉乳になったスターリミルクは、日本に運ばれ工場で商品に加工されます。 
 下記が商品になる製造工程を表しております。

 

 

 

 

▲ページトップへ

                                       無断転載禁止
 

こうして出来たのが「スターリミルク」です。

 たんぱく質やビタミン、カルシウムなど豊富です。特に「スターリミルク」のたんぱく質には、母乳に多く含まれるもので健康維持に重要な成分である、「ミルクグロブリン」がたくさん含まれているのです。

こんなに高たんぱく、高カルシウムな「スターリミルク」ですが、市販牛乳に比べても、実はとっても低脂肪でカロリー控えめ。添加物も一切使用しておりません。


 

                                       無断転載禁止


▲ページトップへ